26才、婚活はじめました

婚活を始めてみました。これから婚活を始める方、すでに婚活中の方、みなさんのお役に立てるように記録していきます!

Imagination means nothing without doing.

-Charlie Chaplin

442日目 私は彼と結婚すると決めた。

こんばんは!

今日は奇跡的に彼と電話ができました。実は木曜日の段階でLINEももらっていたのですけど💖やっぱり彼は器の大きな人でした。
あまりに彼が忙しいので、会いたいとか言うのも憚られていましたが、せめて電話はしたいなと思い、勇気を出して今晩LINEしました。そしたら意外にもすぐ返事がきて、快諾・・・!嬉しい!!本当はLINEのスクショを貼りたいくらい、彼とのLINEのやりとりは幸せな感じです。。。お互いにお互いが思いやりあえてるっていいなあ。

電話の内容ですが、やっぱり彼はすーっごく忙しいみたいで。昨日も徹夜で今朝家に帰ってきたそうですが、今日は奇跡的に1日休み。昼は寝てたみたいです。そりゃそうだよね。ちなみに明日も仕事で5時起きだそうで・・・。

いつも彼は愚痴とかは言わないのですが、今回はさすがに弱音と愚痴が多めでした。ただ、彼の愚痴って前向きなので、聞いていて嫌な気持ちにならないんですよね。例えば「俺はこうしたいと思う。けど会社の体制が整っていない。」みたいな。誰々がむかつく〜とかそういう感じじゃないんですよね。そこが私が彼を好きだなと思うポイントのうちのひとつです。あと、弱音も聞けるとすごく嬉しいです。いつもはそういうこと言わないけど、話してくれるって、心開いてくれているなって思います。そんな中でこんな会話をしました。

わたし「すごく忙しいから言うのが憚られるけど、会いたいとか、思っちゃうけど」
かれ「ごめん。ちょっと今は無理だわ・・・」
わたし「だよね。いつになったら仕事落ち着きそうかなあ・・・」
かれ「11月はとりあえず休みの日がなさそうだから無理で、12月は半分海外出張で、1月も年明けから半ばまで中国で・・・」
わたし・かれ「「・・・次会うのって、1月中旬以降?」」

そんなわけで、しばらく会えない可能性が出てきました。。。連絡もいろいろあって取りにくくなるようで・・・。でもやっぱり全然会えないのはさびしい。そんなわけで提案してみました。

わたし「来月の私の誕生日プレゼント、●●くんちの合鍵が欲しい。あの、結構真面目に言ってるよ?」

彼の家はディンプルキーで、複製が大変なことは知っています。大家さんに許可を取らないと複製できないことも知っています。知った上で、リクエストしました。本当はネックレスをリクエストしてたんですけど、ネックレスよりもまずはホットラインが欲しい。笑 そうすると彼は

かれ「・・・わかった。大家さんに聞いてみる」

これで無事に合鍵作れたらいいんですけどね・・・!合鍵があれば、とりあえず彼の家に行けば彼に会えるし、彼の家にお泊まりしたとして、彼が先に家を出ちゃっても、私は私で彼の家の鍵を閉められるから、別で出勤できるし。彼が出張中、なかなかできない洗濯もしておいてあげられるし。

そのほか、今日の電話では、彼の今後のキャリアパスの話とか、結構未来についての話ができた感じがしました。そんな中で、思ったのは、「やっぱり私、この人と結婚しよう。この人を支えていこう。」ということです。あまり彼に幸せにしてもらいたいとかは思わなくて。というか、いっしょにいられるだけで十分幸せだし(惚気w)。私は昔から「自分を幸せにしてくれる人」ではなく、「この人を幸せにしたい、この人とだったら苦労も乗り越えられる、と思える人」と結婚したいと思っていたのですが、ちょうどそんな気持ちになりました。大変な彼を支えてあげたいし、彼とならどんな困難が来ても一緒に乗り越えていきたいなと思いました。

そんなわけで。私は彼と結婚すると決めました。別にプロポーズされたわけでもなく、私が勝手に私の中で決めたことですが(笑)覚悟決められたので、今日はブログに投稿してみました。